Apple、iOS14とmacOS Big SurでGoogleに挑んだ戦いとは?

Apple google partner on covid 19 contact tracing technology 04102020 inline.large  e1592496915640 - Apple、iOS14とmacOS Big SurでGoogleに挑んだ戦いとは? apple製品情報

 
Appleのライバルとして名を挙げられる企業といえば、Microsoft、IBM、Samsungなど複数ありますが、あらゆる市場で頻繁に額を突き合わせているのはやはりGoogleでしょう。
 
米メディアMacworldは、Appleは世界開発者会議(WWDC 2020)で発表したiOS14とmacOS Big Surで、Googleに新たな戦いを挑んだとし、その理由を解説しています。
翻訳機能の導入
Webでの翻訳機能といえば、Google翻訳がほぼ標準化しています。またGoogleは翻訳アプリも提供しており、テキストだけでなく、カメラを向けた画像内テキストの翻訳、撮影した写真内のテキストの翻訳、2カ国語での会話のリアルタイム翻訳、オフライン翻訳にも対応しています。
 
Googleの牙城ともいえるこの翻訳分野にAppleが参入します。Appleは独自の翻訳アプリを導入するとともに、Safariに翻訳機能を追加すると発表しました。
 
 
iOS14ベータ版の時点では対応言語数も少なく、Google翻訳にははるかに及びませんが、Appleが徐々に機能を向上させ、Googleと肩を並べようとしているのは明白です。
進化したAppleのマップ
Appleは2012年、それまでiOSの標準だったGoogleマップに代わり、独自開発のマップを導入しました。
 
それからほぼ8年が経過した現在も、Googleマップに並んだとは言えないかも知れません。しかしAppleは、マップの微細化、屋内マッピング、「Look Around」機能など着実にマップを向上させ、iOS14では自転車や電気自動車に対応したルート検索機能を追加します。
 
 
Macworldのダン・モレン氏は「ゼロからゆっくり、確実

リンク元

Comments

Copied title and URL