コロナ禍と社会動乱の同時発生によってはっきりしたAI規制の必要性

download - コロナ禍と社会動乱の同時発生によってはっきりしたAI規制の必要性 最新ニュース
編集部注:Newman(ニューマン)氏は、Baker MacKenzie(ベーカーマッケンジー)の北米企業秘密部門を率いている弁護士です。本記事に掲載されている見解や意見はニューマン氏個人のものです。

筆者は、イノベーションを推進しつつ公衆の衛生と安全を保護するためのAI規制を長年にわたり提唱してきた者として、筆者が提案し現在は下院の討議用草案となっている「Section 102(b) of The Artificial Intelligence Data Protection Act(人工知能データ保護法第102(b)条)」法案を、米国連邦議会が超党派で成立させるのをこれ以上遅らせるべきではないと考えている。この第102(b)条で規定されるAIの倫理的使用に関する法令は、いわば防護柵として、個人の尊厳を守るためになくてはならないものだ。
人工知能データ保護法第102(b)条とはどのような法律なのだろうか。また、連邦政府がこの法案を早急に成立させる必要があるのはなぜなのだろうか。
これらの質問に答えるには、まず、我々の民主主義社会が2つの脅威に同時に直面するという歴史上まれな状況の中で人工知能(AI)がどのように使われているかを理解することが必要である。それを理解して初めて、AIが個人の尊厳に対してどのようにリスクとなるのかを認識し、米国市民が大切にしている自由を守り社会の基盤を支えるうえで前述の第102(b)条が非常に重要な措置の1つであることを理解できる。
米国では今、人種差別と警官による暴力行為を終わらせようと大規模な抗議活動が行われており、それと同時に、死をもたらす新型コロナウイルス感染症のパンデミックを鎮めようと苦戦する中で社会不安が高まっている。この二重の危機のいずれの場合においても―さらには生活のすべての側面において―我々がそれに気づいているか

リンク元

Comments

Copied title and URL