“呑み”や“ゴルフ”代わりにeスポーツはいかが? 若者が参加しやすい交流会、レノボが開催

202007221122 1 - “呑み”や“ゴルフ”代わりにeスポーツはいかが? 若者が参加しやすい交流会、レノボが開催 最新ニュース

レノボ・ジャパンが7月10日に開催した「Lenovo企業eスポーツ部」初となる大会

 「Lenovo企業eスポーツ部」は、社内コミュニケーションの一環としてテレビゲームで交流する「Gaminication(ゲーミニケーション)」を提案する活動。近頃は、さまざまな企業に広がってきた。具体的には、Discordによる企業間コミュニティサイトの運営や社内eスポーツ部発足のためのPC無償貸与などの支援、オンライン企業対抗戦の主催のサポートを実施している。すでにDiscordのコミュニティ、PC無償貸与などは行っており、今回は初の企業対抗戦の開催に至った。
 「Discordのコミュニティには27社の企業が参加していただいています。毎週末には部活の時間としてオンラインで対戦をしています。部活は自由に参加していただいているので、オンラインになっている企業同士がマッチングして戦ってもらっています」と語るのはレノボ・ジャパン代表取締役社長デビット・ベネット氏だ。


イベントに自らも選手として参加したレノボ・ジャパンのデビット・ベネット社長

 昔は社内のコミュニケーションと言えば、終業後の飲み会である“飲みニケーション”が主流だったが、今では若い人が酒の席を敬遠することもある。そこで、多くの若者がプレイするゲームを社内コミュニケーションとして採用。こうした活動を通じて、若者との交流を深めよう、というのがeスポーツ部の狙いだ。
 オンラインでも遊べるゲームは、コロナ禍の現状においても、適したコミュニケーションといえる。デビット社長は、「eスポーツやオンラインゲームは距離感を感じなくなりますね。会えなくなった人と交流もできますし、プレイ中の音声チャットで仕事の話をすることもあります。不思議と上下関係もなくなるんですよね。ゲームが始まる前に集まって

リンク元

Comments

Copied title and URL